自主対戦の進め方予選リーグ

  • 01.対戦予定を確認

    大会公式サイト内の組み合わせ表で「対戦相手」「対戦期限」を確認

  • 02.連絡先を確認

    事務局から送付する「代表者連絡先一覧」から対戦相手の代表者連絡先を確認

  • 03.双方で試合予定を調整

    双方で連絡を取り合い、期限内の試合可能日を設定(予備日含めて)

  • 04.事務局へ試合予定を連絡

    試合日が決定したら、最終的に球場の予約を行うチーム(ホームチーム)が事務局へ試合予定を報告連絡

  • 05.試合開始

    スケジュールに従い、試合を行ってください。何らかの事情で予定通り試合を行うことができなくなった場合は事務局までお知らせください。

  • 06.事務局へ結果を報告

    試合が終了したら“勝利チーム“が事務局へ試合結果を報告

  • 07.次回の試合予定を確認

    組み合わせ表で試合結果と次回対戦スケジュールを確認。試合に向けて準備を進めてください。

決勝リーグ

対戦方法
計4チームで対戦(福岡エリア上位2チーム、長崎エリア上位1チーム、佐世保エリア上位1チームが出場)
開催日
12月頃予定
開催場所
長崎県内球場
組み合わせ
事務局にて自動抽選

大会規定

参加資格
  • 軟式野球チームであれば、連盟所属、非所属に関係なく参加可能です。
  • 選手全員のユニフォーム、帽子が揃っていること。また背番号を必ず表示すること。
  • 選手の複数チームでの出場可能です。
  • 大会規約にのっとり、マナーを遵守したフェアプレーができること。
グラウンドマナー
  • 相手チームへの選手、審判員への野次は禁止です。
  • 審判員の指示に従う事。従わないチームは失格とします。
  • 会場施設を破損した場合、修繕にかかる費用は当事者負担とします。
  • その他大会規約に違反した行為が発覚した場合は、審判員及び事務局の判断で失格とする場合もあります。
その他
  • 大会中に発生した事故・傷害・トラブルに関して、主催者は一切の責任を負いません。
  • 主催者からの諸連絡は、各チーム代表者へメールまたは電話にて行います。

試合規定

試合制度
  • 7回90分制とする。雨天等悪天候や日没等により試合続行が不可能となった場合は、4回終了をもって試合成立とする。
  • 4回終了時点で、7点差以上が付いた場合はコールドゲームとする。
  • 上記イニング終了時点で同点の場合は、じゃんけんで勝敗を決定。
試合ルール
  • 公認野球規則に準ずる。グラウンドルールに関して、当該審判員の判断による。
  • 指名打者は1試合1名まで可能(ポジション問わず)
試合球

各チームで2個ずつ新球を持ち出し、試合球とする。(M号球、メーカー不問)

用具
  • 打者はヘルメットを着用すること。
  • バットは市販されている規定品であることとする。
  • 捕手は、マスク・レガース・プロテクターを着用すること。
その他
  • 試合開始時刻に選手が9名揃わなかったチームは、不戦敗となる。
  • 各チームはメンバー表2部(審判用、相手チーム用)を提出。
  • グラウンド整備を含む試合会場の後片付けやファウルボール拾いは、両チームの協力の下行うこと。

試合規定決勝戦のみ

試合制度
  • 時間制限無し、7回制とする。
  • コールド無し。
試合ルール
  • 公認野球規則に準ずる。グラウンドルールに関して、当該審判員の判断による。
  • 指名打者は1試合1名まで可能(ポジション問わず)
試合球

主催者側から準備。

用具
  • 打者はヘルメットを着用すること。
  • バットは市販されている規定品であることとする。
  • 捕手は、マスク・レガース・プロテクターを着用すること。
その他
  • 試合開始時刻に選手が9名揃わなかったチームは、不戦敗となる。
  • 各チームはメンバー表2部(審判用、相手チーム用)を提出。
  • グラウンド整備を含む試合会場の後片付けやファウルボール拾いは、両チームの協力の下行うこと。

SNS

公式SNSをフォローして最新情報をチェック!